初心者コーナー

デスクトップパソコンについて知ってみよう

更新日:

デスクトップパソコンの魅力

デスクトップパソコンは従来からある据置き型のパソコンとなります。デスクトップパソコンの魅力としては何といってもモニターのサイズが大きいことが挙げられます

ノートパソコンだとモニターは16インチ程度がスタンダードとなっていますが、16インチのモニターでは文字が小さくなりがちです。その点でデスクトップパソコンは25インチを超えるモニターサイズがあるために、画面が見やすく目が疲れにくい特徴があります。

デスクトップパソコンの種類

そのようなデスクトップパソコンの種類には、大きく分けて一体型・分離型・タワー型の3つが存在しています。これら一体型・分離型・タワー型の3つの種類はそれぞれに良さがあり、各自の使用状況に合わせて選ぶことができます。

  • 一体型デスクトップパソコン

まず、一体型は、モニターの裏にパソコン本体が内蔵されたお洒落なデザインとなっています。また、一体型ではモニターサイズが大きく、スピーカーも高音質なものが使われており、AV機能が強化されているのが特徴です

そのため、一体型では迫力ある映像や臨場感のある音声を楽しむことが可能です。さらに一体型ではテレビチューナーが内蔵されているため、地上波やBSなどのテレビ放送を見ることができます。テレビ放送は本体の録画機能により、番組を録画をして後で見ることも可能です。したがって、一体型デスクトップの魅力は、1台ですべてのAV機器の機能が果たせることと言えます。

  • 分離型デスクトップパソコン

次に分離型は液晶モニターとパソコン本体が別々になっているタイプです。パソコン本体はスタンダードな大きさが多いため、パソコンを置いておくスペースが必要になってきます。しかし、分離型ではパソコンの本体の拡張機能が高い特徴があります。そのため、数年後になってCPUやメモリなどを高機能な物と交換することが容易となってきます

また、一体型ではモニターが故障すると本体ごと交換しなければなりませんが、分離型では液晶モニターが故障した場合には液晶モニターだけ買い換えられる利点が出てきます。液晶モニターの買い換えだけならば、費用が安くてすみます。

  • タワー型デスクトップパソコン

次にタワー型は分離型と同様にモニターとパソコン本体が分かれていますが、パソコンの本体がスリムになっている特徴があります

そのため、分離型よりは置いておくスペースを取らない利点が出てきます。また、パソコン本体の拡張性は分離型ほどではないですが、ある程度は備わっていると言えます。以上が一体型・分離型・タワー型の特徴となりますが、どのタイプが自分に必要なのかを十分に考えて購入することが大事となってきます。

デスクトップパソコンのメリット・デメリット

パソコンは時代を経てデスクトップパソコン、ノートパソコン、タブレット型端末など様々な形に進化を遂げてきました。その上で、なぜデスクトップパソコンは今も根強い人気があるのでしょうか?

  • デスクトップパソコンのメリット

デスクトップのメリットはたくさんあります。まず、一般的なデスクトップパソコンは故障してもパーツごとに取り外しができるためにすべてを取り換える必要がないということです。タブレット端末の画面が割れてしまえば、本体全てを交換しなければなりませんが、デスクトップパソコンはディスプレイだけを取り外して交換すれば良いのです。

パソコン本体の中のメモリーやハードディスクといった部品も他の端末の形に比べて容易に交換することができます。中の多様な部品の取り外しや清掃、交換、カスタマイズができます。箱が開けやすく配置もわかりやすいです。ノートパソコンはデスクトップパソコンに比べるとスペースが狭いので中の部品が密集しています。カスタマイズにあまり向きません。

また、デスクトップパソコンは負荷の高い処理をするのに向いています。排気口が大きく中の温度が上がりにくい構造になっています。長時間のグラフィック処理などとても性能の良いパソコンで複雑な処理をしたい場合にはデスクトップパソコンがお勧めです。

  • デスクトップパソコンのデメリット

デスクトップのデメリットは持ち歩くことができません。基本的に置いて使うものなので他の端末のように移動しながら作業をすることに向いていません

修理を頼む時にも自分で気軽に持っていくには大きい場合がありますので、配送料のコストがかかります。また、ディスプレイとキーボード、本体を置く場所が必要です。専用の机が必要となる場合もあるでしょう。本体の形によってはかなり大きなスペースを必要とします。

また、消費する電力も大きく、他の端末より電気料金がたくさんかかります。エアコンや電子レンジなど他の電化製品と一緒に使うときには気を付けましょう。

デスクトップパソコンが良い場合

他のパソコンに比べてデスクトップが良い場合というのは、やはり自分でメンテナンスやカスタマイズをしたい場合や修理をしたい場合です。長時間の作業やグラフィック関係をたくさん使う処理を必要とする場合にはデスクトップパソコンのほうが良いでしょう

時代が変わっても部品を変えていけばある程度同じものを使うことができますので、長くいいものを使いたい時にも良いでしょう。性能にこだわりをもつユーザにとってデスクトップパソコンは欠かせない存在です。

パソコンのトラブルなら

パソコンの悩みやトラブルに困っている方はこちらもご覧下さい。

PC悩み解決.com

レスポンシブリンク




-初心者コーナー

Copyright© 1~2万円台で使えて買える高性能パソコン , 2019 All Rights Reserved.