PCについて知る

インターネット回線やプロバイダについて

更新日:

インターネット回線やプロバイダについて知ってみよう!

インターネットを始めるには必ず必要なものがあります。その必要なものは、インターネット回線とプロバイダです。インターネット回線とプロバイダ(プロバイダー)がないとインターネットはできません。まずはインターネット回線とプロバイダについて知ってみましょう。

インターネット回線とは?

インターネット回線というのは、インターネットをを始めるのに必要な回線です。この回線がないとインターネットに繋ぐことはできません。簡単に説明しますと、インターネットをするための道と思っていただければ良いです。

インターネット回線にはいろんな種類があります

インターネット回線には光回線、ADSL、CATVなどありますが、それぞれいろんな道を使用しています。例えば、普通の通り道や、近道など、インターネット回線によって異なります。インターネット回線にも、低速や高速が存在するのです。

プロバイダ(プロバイダー)とは?

インターネット回線は道で、プロバイダとは、インターネットの入口です。インターネット回線を使用するためには、入口が必要です。その入口とは、簡単に説明しますと、会員と思っていただければ良いです。インターネットを使用するためには、IDやパスワードで管理されているインターネットサービスプロバイダ(ISP)が必要になります。このインタネットサービスプロバイダがないとインターネット回線があってもインターネットをすることはできません。

よってインターネットを始めるには、インターネット回線とインターネットサービスプロバイダ(ISP)が必要になります。インターネットをするということは、必ずインターネット回線があり、インターネットサービスプロバイダ(ISP)にIDとパスワードを発行してもらっているということです。インターネット回線やプロバイダにはたくさんの会社が存在します。最近では、インターネット回線とプロバイダが一緒になっている会社も多くなってきています

インターネット回線、プロバイダの会社

インターネット回線、プロバイダの会社にはたくさん存在しますが、よく使用されていて有名な会社は、以下のような会社があります。

「インターネット回線、プロバイダの会社」

  • NTT(光回線・ADSL)
  • KDDI(光回線・ADSL)
  • CATV(光回線・ケーブルテレビ回線)

以上のインターネット回線やプロバイダは一般的に、固定回線と言われています。固定回線とは、自宅やオフィスなどの場所だけでインターネットができる環境です。

「ポケットWiFI(モバイル通信)」

  • WiMAX(無線)
  • ワイモバイル(無線)

以上のポケットWiFiと言われるものもあります。最近では、ポケットWiFiが良く使われるようになってきています。ポケットWiFiとは、外出先でも、自宅でもインターネットができることから、どこでもインターネットができるという大変便利なモバイル通信です。

まとめ

  • インターネットを始めるには、インターネット回線とインターネットサービスプロバイダ(ISP)が必要です。最近ではインターネット回線とインターネットサービスプロバイダが一緒になっている会社が主流です。
  • インターネット回線会社の、NTT(光回線・ADSL)、KDDI(光回線・ADSL)、CATV(光回線・ケーブルテレビ回線)などは固定回線と言われており、自宅やオフィスなどの一定の場所だけインターネットができます。
  • ポケットWiFI(モバイル通信)は外出先や自宅でインターネットができて、持ち運びに大変便利なもので、どこでもインターネットができるというモバイル通信です。

インターネット回線やインターネットサービスプロバイダはたくさんあります。これからインターネットをはじめてみようと思う方はインターネット回線やプロバイダの選び方をご覧下さい。

パソコンのトラブルなら

パソコンの悩みやトラブルに困っている方はこちらもご覧下さい。

PC悩み解決.com

レスポンシブリンク




-PCについて知る

Copyright© 1~2万円台で使えて買える高性能パソコン , 2019 All Rights Reserved.