大事なPCを守る

パソコンの寿命に関して知っておきたいこと

更新日:

パソコンは何年使えるの?

パソコンの平均寿命は5年です。パソコンの寿命に関しては、パソコンの内部(CPU、メモリー、ハードディスク、マザーボード、電源、ドライブなど)故障して使えなくなる場合と、使い続けるにあたってパソコンの性能がついていかない場合の2種類があります。

パソコンが寿命だと思うとき

パソコンは精密機械で、故障するまでの寿命があるのは当たり前で、パソコンの性能はどんどん新しく進化をしています。

何年か経つと当時はかなり使えたパソコンでも不満を感じることでしょう。例えば当時はとても早く快適なパソコンであっても、1年後には、その性能を上回って、安くパソコンを購入できたりします。

そうなれば、パソコンを買い換えるのも有りかと思いますが、そう簡単に新しいパソコンを購入し続けるとかなりコストがかかってしまいますので、買い換えるタイミングは、現在使っているパソコンにストレスを感じ始めたときに買い換えるのも良いと思います。そこでパソコンが寿命だと気づきます。

簡単に言うと、パソコンの処理が遅くなって、ストレスを感じるのであれば、パソコンを買い換えるということです。

パソコンの性能が追いつかないと思えば買い替え時

パソコンの性能が追いつかなくなってしまうと、かなりストレスに感じることでしょう。パソコンの起動だけに数分もかかり、起動してからも、すぐに使えないこともあり、画面がなかなか開かなかったり、ソフトの読み込みが遅かったり、いろんな、ストレスを感じることでしょう。

よって、そのような、ストレスを我慢してパソコンを使い続けるより、寿命を感じたら、パソコンを買い換えるほうが、時間の無駄にならないので、思い切って買い換えることも大事です。

パソコンは消耗品なので、限界を感じたら、すぐに買い換えるという気持ちで購入したほうが、お金と時間の無駄になりません。

ソコンの部品だけを買い換えるより、パソコン自体を買い換える方が安くつくことも多々あります。パソコンは進化し続けているので、当時は快適なパソコンでも1年ほど経つと更に高性能パソコンが安く発売されています。

最近のパソコンの性能について

最近のパソコンの性能は、かなり高性能です。無理して高額なパソコンを購入しても使いこなせないくらいのパソコンが多いです。簡単に言うと、オーバースペックです。インターネットや、メールなどをメインにするのであれば、2万円ほどの中古パソコンでも十分すぎるくらい高性能です。

初心者の方は、たいてい大型家電専門店などで購入する方も多いと思われますが、はっきり言いますと、最近のパソコンを使いこなすことは厳しいでしょう。

パソコンをある程度使いこなせている方でも、最近の高性能パソコンを使いこなすことはできません。

なのでパソコンに詳しい方は、使用目的がしっかりわかっているので、パソコンにお金をかける人はあまりいないことでしょう。それくらい最近のパソコンは高性能なのです。

ハードディスクは故障しやすい

ハードディスクの寿命は意外と短いのです。なぜなら衝撃に弱く、もともとの寿命が短いのです。簡単に言うと「ハードディスクの寿命」=「パソコンの寿命」といっても過言ではないでしょう。パソコンのパーツの中でハードディスクが1番寿命が短いといえるくらいハードディスクの寿命は短いのです。

ハードディスクが故障してしまうと、パソコンにとって致命的なダメージを受けます。なんと、保存ができなくなり、エラーがでて正常に起動できなくなりますので、とんでもないことです。

パソコンを長持ちさせるためにこれだけは意識しよう!

パソコンを長持ちさせるために知っておきたいこと、「パソコンは熱に弱い」熱さに弱いです。パソコン内部の温度が極端に上がると、CPUの処理速度が低下の原因になります。更に熱さによって、その他の部品の寿命が短くなりますので熱には注意が必要です

次に「パソコンは誇りに弱い」パソコンは精密機械なので誇りに弱いです。ホコリがたまってくると、ホコリのせいで必要以上の電流を消費し、性能以上の処理をしてしまうことになり寿命を縮めます。ホコリでパソコンの温度を高めてしまう恐れもあります。

パソコンには、熱を下げるために、パソコン内部に「ファン」がついていますが、ホコリが多くなるとファンの動きが鈍ります。ファンの動きが鈍くなると、当然パソコンに負担がかかり、熱が高くなることになりますね。

よってホコリは、パソコンの寿命を縮める原因となりますので、注意が必要です。そのほかにも、誇りによって「ショート」してしまう可能性が高くなります。パソコンは精密機器なので、ショートしてしまうと、すぐにパソコンは故障してしまいます。

追伸

  • パソコンの平均寿命は5年で、パソコンを使っていて処理速度にストレスを感じ始めたり、パーツが故障してしまったり、パソコンの性能が追い付かなくなってしまったときは買い替え時

  • 最近のパソコンはオーバースペックというほど高性能であり、無駄に高価なパソコンを購入すると、使いこなすことができないので、使用目的をよく考えて、パソコン選びをするべきである

  • パソコンを長持ちさせるために、「熱」「ホコリ」に十分注意することが大事で、これを怠るとパソコンの寿命は一気に縮まる恐れがあるので、パソコンを長持ちさせるのであれば「熱」「ホコリ」に注意

パソコンのトラブルなら

パソコンの悩みやトラブルに困っている方はこちらもご覧下さい。

PC悩み解決.com

レスポンシブリンク




-大事なPCを守る

Copyright© 1~2万円台で使えて買える高性能パソコン , 2019 All Rights Reserved.