1~2万円台で使えて買える高性能パソコン

使用目的を考えて、中古パソコンであれば1~2万円台でcorei3、corei5、corei7の高性能パソコンは購入できるのです!

パソコンの買い替えや廃棄処分する方法

更新日:

パソコンを買い替えるタイミング?

いつパソコンを買い替えるのか?これを考える際に、デスクトップパソコン買い替えとノートパソコン買い替えを同列で語ることは好ましくありません。

デスクトップパソコン買い替えとノートパソコン買い替えでは、それぞれに適した時期があるからです。買い替えに最適な時期を把握する努力を怠り新規購入に踏み切ってしまうと、出費した事実に満足できなくなる可能性が無きにしもあらずです。

デスクトップパソコンの買い替えのタイミング

デスクトップパソコン買い替えに適しているのは、現状の性能に満足することができなくなったときです。屋外に持ち運ぶこともなければ使用中に振動が加わることも少ない傾向にあるデスクトップパソコンは、故障する可能性が低くなりがちです。

また、本体内部に余裕のある空気の通り道が設けられているので、各パーツの熱暴走が発生することが抑えられています。

そのため、使い続けようと考えれば故障するまで稼働することができます。ところが、パソコンに使われるパーツは毎年のように新たなものが発売されています。購入時点では最新で高性能なパーツが組み込まれているパソコンでも、数年経過するだけで時代遅れのものになります。

その結果、新型モデルよりも処理速度が遅いなどの不満を抱えることになりがちです。使用中に不満を抱くマシンを使い続けるのは精神衛生上よろしくないので、愛用中のマシンの性能に満足できなくなったときがデスクトップパソコン買い替えに最適です

デスクトップパソコン買い替えの時期の判断は個人の主観に頼るところが大きいですが、マシンを新調することによって得られる利点があります。

新型のデスクトップパソコンは消費電力が少ないことが多いので、買い替えると電気料金の節約につながる点です。

ノートパソコンの買い替えのタイミング

ノートパソコン買い替えのタイミングは、内部電源の容量が速く減少するようになった時期が最適で

内部電源のパーツを新規購入してしまえば問題が解決するように見える事象ですが、実際には根が深い問題が隠れている場合が多くあります。

パソコンを構成している各種パーツは、通電することによって劣化が進んでいきます。電気が流れた際に生じる熱が原因で電子基板が変質してしまうこともあり、結果としてパーツが故障してしまう事態にもなりかねません。

内部電源が劣化する時期まで使い続けているのであれば、稼働時間は長いと考えられます。したがって、内部電源を新調する時期がノートパソコン買い替えに適しているというわけです。

不要になったパソコンの廃棄処分方法

使わなくなったり壊れて動かなくなったパソコンを廃棄するなら、その前にいくつかのやっておきたいことがあります。まずはパソコンに保存されているデータのバックアップです

画像や動画など貯めこんできたものを他の記録メディアにコピーしておかないと、後から見ることができなくなってしまうからです。

今まで使っていたパソコンのデータをバックアップ

パソコン内のマイドキュメントフォルダなどを探して、残しておきたいデータ類をデスクトップなどのまとめます。それを外付けハードディスクやDVDなどの記録メディアへコピーします。最近はクラウドストレージも普及しているので、アカウントを作ってネット上に保管しておくのもおすすめです。

バックアップしておきたいデータには、インターネットを見る際に使うお気に入りやメールアドレスなどの個人情報も含まれます。大切なメールなどもコピーしておくと安全です。

バックアップを終えたなら、次にパソコンデータ消去を行います。パソコンのデータは、ゴミ箱などに入れて削除しても完全に消えることはありません

画面からは見えなくなっていても、ハードディスクの中には完全なままでデータが残っています。そのままパソコン廃棄してしまうと、誰かに解析されて読み取られてしまう恐れもあります。

安全にパソコンのデータを消去するために

個人情報などが読み取られると流出による被害も懸念されるので、確実なパソコンデータ消去が求められます。これを行うには、専用のデータ消去ソフトを使います。無料で利用できるフリーソフトや、有料のものがあるので好みのものを使って確実にデータを削除します

この作業にはパソコンに関する知識が求められるため、データ消去サービスを利用するのも一つの方法です。これは業者に依頼して消去してもらうというもので、確実な技術を用いて行うので安心です。

データの消去が終わったパソコンは、自治体の決まりに従って廃棄します。通常は、パソコン廃棄は決まった回収ルートに乗せる必要があるため、販売店などに持ち込んで処分を依頼します。

機種によっては回収費用がかかることもあるので注意してください。

パソコンのデータ消去が終わったら廃棄処分しましょう

便利なのが、パソコン回収サービスです。不要になったパソコンを無料で回収してくれるというもので、数が多い場合には自宅まで取引に来てくれるところもあります

このパソコン回収サービスではデータ消去のサービスも行っている場合があり、自分で消去する手間を省くことができます。

他の業者と同様にこちらでもプライバシーに注意して確実に消去してくれるので、自分で行うよりも確実かつ安心と言えます。

追伸

  • パソコンを買い替えるタイミングとして、まずデスクトップパソコンの場合は、現在愛用中のデスクトップパソコンの速度や容量に不満を感じた時に買い替えがベストでしょう!ノートパソコンの場合は、内部電源の減りが多くなり、パソコン自体に負担を与えるようになった時が買い替え時です。ノートパソコンは持ち運びが便利なため、バッテリーの寿命が重要です。いくら持ち運びが便利なノートパソコンでも、バッテリーの持ちが悪くなれば、使いにくくなります。

  • 不要なパソコンの廃棄処分方法は、まずデータのバックアップを取りましょう。バックアップを取っていないと、今まで保存してきたデータが無くなってしまいます。バックアップをしてから次に購入するパソコンに、以前のデータを入れましょう。バックアップをしてからパソコンを廃棄処分することが重要です。以前のデータが廃棄処分するパソコンに残っていると、個人情報漏洩の恐れがありますのので、データ消去は必ず行ってください。

  • 安全にパソコンのデータを消去する方法として、パソコン回収サービスを使うことも良いでしょう。パソコン回収サービスは、業者なので、完全にデータ消去してくれる所がはとんどで、自分でデータ消去をするより確実にデータ消去をしてくれます。

レクタングル300




レクタングル300




パソコンのトラブルなら

パソコンの悩みやトラブルに困っている方はこちらもご覧下さい。

PC悩み解決.com

レスポンシブリンク




人気中古パソコンランキング

Windows10 Home MAR搭載 おまかせノートパソコン

Windows10 Home 64bit サクサク人気Corei5 Coreiシリーズ 中古ノートパソコン

Windows10 Home MAR搭載 おまかせノートパソコン Corei5搭載 メモリー4GB以上 HDD160GB以上 DVDドライブ 15.4型以上 中古ノートパソコン 

価格:28,980円(税込・送料込)

2位:富士通 LIFEBOOK U772/E

薄さわずか9mm?15.6mm! 第3世代Corei5搭載で動作快適!中古ノートパソコン

【極薄 高性能】富士通 LIFEBOOK U772/E Core i5 3427U 1.8GHz[最大2.8GHz](メモリー4GB、HDD250GB、Windows10 Home 64bit、無線LAN、WEBカメラ、14型ワイド液晶) 

価格:39,800円(税込・送料込)

3位:おまかせ中古ノートパソコン メモリー8GB搭載

送料無料 【メモリー8GB搭載】で快適!たくさんアプリケーションを使う方にオススメです!

新品マウス・KINGSOFT Officeを無料プレゼント! 中古パソコン中古ノートパソコン おまかせ中古ノートパソコン Windows10搭載、Core i5搭載、たっぷりメモリー8GB、HDD250GB、DVDマルチ、15.6型ワイド液晶、無線LAN使用可能 

価格:34,800円(税込・送料込)

-初心者コーナー

Copyright© 1~2万円台で使えて買える高性能パソコン , 2019 All Rights Reserved.