1~2万円台で使えて買える高性能パソコン

使用目的を考えて、中古パソコンであれば1~2万円台でcorei3、corei5、corei7の高性能パソコンは購入できるのです!

パソコンのパーツの役割について

更新日:

パソコンのパーツの役割について知らない方は、たくさんいられると思います。特に初心者の方、そこで、そんな方にパソコンのパーツの役割について説明いたします。まずは、パソコンのパーツについて知ってみましょう!

  • CPUの役割について
  • メモリーの役割について
  • ハードディスクの役割について
  • SSDとは何か?
  • 光学ドライブの役割について
  • OSの役割について
  • グラフィックボードの役割について

CPUの役割について

CPUの役割について、CPUは日本語では中央演算処理装置という名前のパーツで、パソコンではもっとも重要なものと言えます。というのは、CPUの性能によって、全体の性能がおおよそ決まるからです。CPUの性能について、CPUが入っているケースなどにいろいろな項目と数字が書かれていますが、どこを見るとわかるのかというと、まずはクロック数です。

同じCPUで、クロック数のみに違いがある場合は、クロック数が多い方ほど性能がいいということになります。それと同時に重要なのがコア数です。コアというのは、実際に計算などを担当するパーツのことで、コアが一つと二つのものを比べれば、コアが二つの方が性能がいいということになります。

コアが複数あるCPUがもっとも生かされるのは、パソコンで並列処理をする場合です。たとえば、動画のエンコードを行いながら、ブラウザでサイトを見るとします。この場合、パソコンはエンコードとサイトの表示という二つの処理を行うことになるわけです。もしコアが一つのCPUで行う場合、一人の人間が両方を同時に行うといったことになるので、エンコードは通常よりも遅くなり、サイトの表示もぎこちなくなるという風に、処理落ちが発生する可能性が高くなります。

しかし、コアが二つ以上のCPUを使った場合、それぞれのコアが別の処理を担当することになるため、処理落ちをさせることなく、同時に別々の作業を行うことが出来るのです。なので、一回に一つの作業しかしないというのであれば、CPUの種類としてはコアが一つのものでもいいですが、パソコンで同時にいろいろなことを行いたいという場合は、コアが複数あるCPUを搭載したものを選んだ方がいいのです。

また、最近のCPUは、映像の出力処理も出来るものが少なくありません。こういったCPUと、映像出力端子を持つマザーボードを組み合わせた場合、ビデオカードをわざわざ購入しなくても、パソコンのゲームなどをプレイすることが出来ます。パーツが少ない方がパソコン内の発熱量が少なくなり、フォンの音が減るので静音化され、故障の可能性も減るので、ハイスペックな映像処理を要求するゲームをプレイするのでなければ、映像処理が出来るCPUを利用した方がいいでしょう。

それと、CPUの性能と消費電力は基本的に比例しますが、CPUの種類が新しいほど、性能が高いのに省電力なので、省エネのパソコンを使いたいなら、出来るだけ新しいCPUが搭載されたパソコンを利用した方がいいです。

メモリーの役割について

メモリーの役割については、パソコンの能力を示す指標としてメモリーの容量があります。メモリはパソコンによって最大搭載量が違ってきますが、多ければ多いほどよいと言われています。しかし、そもそもメモリがそれほど必要な理由はどこにあるかといえばソフトウエアを動かす際に利用される場所が大きいほうがよいからとなります。

パソコンはハードだけでは動きません。ソフトウエアが動いてさまざまな仕事をしてくれるわけです。ただし、ソフトウエアは年々大きくなっており、ソフトウエアが利用する場所であるメモリも必要な容量がどんどん大きくなってきています。ソフトウエアはハードディスクにありますが、それをメモリに読み込んで実行されます。

そのためメモリーの性能については余裕がある方がよいのです。ソフトウエアがぎりぎり動くようなメモリ量では他のソフトウエアが動かせなかったり、OSの動作にも支障がでます。パソコンには多くのメモリが必要となりますが一般的に販売されている低価格PCは動かすのにぎりぎりのメモリが搭載されていることが多く、追加でメモリをいれると劇的に変わることも珍しくありません。

ではメモリはどの程度積めばよいかと言えば最低限はOSメーカーが定めていますし、最適なメモリもOSごとにメーカーが指定してます。それ以下で動かしている場合には追加できるなら追加しておくとよいです。

多くの場合、最適メモリー数の1.5倍から2倍くらい積むとどのような作業をしても充分快適になると言われていますが、ハードウエア的につめない場合も少なくありません。

ゲームや3Dソフトウエアを利用する場合にはOSの最適メモリ数の3倍や5倍も積む場合も多くあります。これらのソフトウエアではメモリが多ければ処理をするデータが多くなるのでとても快適であったり、処理時間が大幅に少なくなる傾向があります。

また、エクセルでの大量計算ではメモリがないことで処理ができないということもよくあります。メモリが足りない場合にはハードディスクの一部を借りて処理をしますがとても遅くなります。

更にメモリが必要な場合にはパソコンがフリーズしたり、ソフトウエアが不正な落ち方をするなどデータやハードウエアに負担がかかることも少なくありません。メモリーの容量はパソコンを購入数する際に重要な部分であり、CPUと並んでよく考慮することが重要です。また、既存のPCやMacにもメモリを追加すると快適になることが多いので検討が必要です。

ハードディスクの役割について

ハードディスクの役割は、主にパソコンに内蔵された記憶装置としての役割を果たしています。ハードディスクではOSや各種のソフト、あらゆるデータを保存することが可能となっています

その結果としてパソコンの起動時には瞬時にOSの情報を読み込んだり、パソコンの使用時にソフトを起動したりデータを呼び出すことができます。よって、ハードディスクはパソコンのスムーズな使用には欠かせない存在となってます。パソコンなどの記憶装置としてのハードディスクの性能については、ハードディスクの容量の大きさで示されることが多いです。

ハードディスクの容量というのは、コンピューターの記憶の単位であるバイトの数によって表されます。従来のハードディスクの容量はメガバイトで示されることが多かったですが、現在はギガバイトやテラバイトで示されています。それだけハードディスクの容量は1千倍や1万倍以上と急速にアップしてきている状況があります。

現代では高速のインターネットが普及し、大容量のデータのやり取りが行われるようになってきました。そうした環境から、高画質の動画などの大容量のデータをハードディスクに保存するニーズが広がってきています。その結果として、ハードディスクメーカーでは大容量のハードディスクの開発を急いできた歴史があります。

また、それとは違う流れとしてハードディスクの小型化が起こってきています。近年ではデスクトップパソコンからノートパソコンへ普及が移っていることから、ハードディスクは小型で軽いタイプが求められるようになってきています。特にウルトラブックなどでは、薄く軽量なハードディスクが必要な状況があります。

そこで、ハードディスクメーカーでは今までよりも小型のハードディスクの開発に力を入れるようになっています。ハードディスクの構造においては、内部で小型精密モーターが高速に動くことで、素早く目的のデータにアクセスすることができています。この小型精密モーターは寿命が短い特徴が存在します。

そのため、ハードディスクの寿命としては一般的に5年程度と言われています。パソコンではハードディスクが故障してしまうと、パソコンそのものが使えなくなってしまいます。したがって、パソコンは5年程度で買い換えることが普通となっています。

しかし、パソコンの内蔵ハードディスクは新しい物に交換することも可能です。本体内部のスロットからハードディスクを引き出すことで、ハードディスクを交換できます。この交換作業はパソコンショップなどで有料で行ってくれるところが多いです。

SSDとは何か?

最近SSDという言葉を聞きますが、実際SSDとは何なのか知ってみましょう!パソコンのハードディスクというものが少なくなっています。いわゆるHDDといわれるものです。これはパソコンで作業をしたりソフトをインストールした場合などにデータを保存する場所として利用されていますが、最近では録画をするためのレコーダーやカーナビにも使われておりデータ保管をする場合の必須パーツといえます。

これに変わって登場したのがSSD(solid state drive)ですHDDと同じくデータを保存できるという用途は同じですがその構造や仕組みが大きく違います。SSDの容量や魅力は最近では広く認知され始めているためユーザーにとってどちらが適しているのかという疑問を持つ声も増えています。

そもそもHDDは円盤状の記録媒体、つまりSDやレコードのように回転させながら利用されるものです。そのためこの円盤を回転させるための電力を必要とし、発熱やバッテリー消費などの影響があります。

しかし、SSDはSDカードやフラッシュメモリのような構造となっているため回転させる電力も必要なく、省エネで発熱や振動による不具合が発生しにくい点が特徴です。さらに回転しなければ利用できないHDDと違い即座にデータを読み込むことができるため、OSの起動なども非常に素早く行ってくれます。ノートパソコンなどは特にバッテリーを利用するため消費電力が長い方が利用シーンが広がるという点からSSD搭載パソコンを購入するひとが増えています。

一方でSSDの性能については最近HDDに近づいているとはいえ、書込回数に制限があったり、HDDほどの大容量を保存できるタイプが少ないという点がネックになっています。

しかし、近年の開発により、データ量や使用回数制限なども向上しているため、ヘビーユーザーでないひとにとっては不便に感じる点が無い程度にまで進化しています。

それぞれのメリットとデメリットが存在する中で、併用して利用するという人も多くいます。

つまり、素早く起動してほしいOSなどは内蔵のSSDを利用し、動画などの大容量データを保存する場所を外付けのHDDで行うといった方法です。これによりスムーズに利用できる上大容量データを保存できるというそれぞれのメリットを組み合わせた環境を作り出すことができます。

パソコンの利用シーンは非常に多く、ユーザーによって利用方法が最も異なる機器です。それぞれに応じたデータを保存できる環境を準備することが快適に利用する方法といえます。

光学ドライブの役割について

光学ドライブとはCD・DVD・ブルーレイといったディスクに書かれているデータを読み込むこと、そして、そういったメディアに対してデータを書き込めるドライブのことを指します。最近はハードディスクが大容量化していて、値段も安いので、データの保存に関してはハードディスクが主役になることが多いですが、たとえば、パソコン内にあるデータを多くの人に渡したいという時に、ディスクは安価な媒体なので利用されやすいです。

データの読み込みだけであれば、性能は最低限でも基本的に問題ありませんが、データの保存に利用する場合は、性能が高い光学ドライブを利用したほど楽です。

では、光学ドライブの性能について、どういった部分を見ればわかるのかというと、基本的には書き込み速度です。書き込み速度は、等倍、二倍速、四倍速といった記述がなされていますが、数字が多いほど書き込めるスピードが速いということになります。たとえば、等倍で書き込む時間が一時間だとすると、二倍速であれば30分ていどで書き込めるということです。

もし、光学ディスクのデータを読み出して、それを別のディスクに書き込むというのであれば、読み出しの速度も出来るだけ速いドライブを使った方がいいです。

読み込み・書き込みとは、まったく別の動作なので、読み込みが速いドライブであれば書き込みも速いとは限りません。なので、光学ディスクの読み書きを両方行う場合は、両方のスピードが速いドライブを選ぶようにしましょう。

また、対応しているディスクの形式の数も、光学ドライブの性能を決める要因の一つです。現在、デスクトップパソコンやノートパソコンに搭載されている標準的なドライブはCDとDVDまでに対応していて、ブルーレイの読み書きは出来ないものが多いですが、パソコンでブルーレイを見たり、あるいはブルーレイディスクにデータの保存を行いたいという場合は、必ず、CD・DVD・ブルーレイそれぞれに対応しているドライブを選ぶようにしましょう。

新規に購入する場合は、出来れば中古ではなく新品の方がいいです。というのは、パソコンのパーツの中でも、光学ドライブは劣化しやすいものの一つだからです。長く使っているとレーザーの出力がおかしくなって、ディスクのデータを読み取れなくなることが出てきます。

外付けか内蔵かという選択ですが、基本的に内蔵の方が安価で性能が高く、外付けドライブは高くて性能も低めのことが多いです。なので、性能重視であれば内蔵ドライブを選ぶようにしましょう。

OSの役割について

OSとはOperatingSystemを略した言葉で、日本では基本ソフトウェアと呼ばれています。パソコンではWindowsやMacOS、Linuxといった種類があり、近年ではスマートフォンにもAndroidやiOSといったOSが搭載されていて、それぞれが違った特徴を持っています

どのOSも、コンピューターを動かす部品であるCPUやメモリなどのハードウェアを管理する役割を担っており、利用者がアプリケーションソフトウェアを操作するときはOSの機能を活用して操作しているのです。

世界で最も普及しているOSはWindowsです。専門的なコマンドを入力することで操作を行っていたパソコンに、視覚的な情報とマウスを用いて直感的に操作できるグラフィカルユーザーインターフェイスを導入してパソコンの普及に大きく貢献したOSです。Windowsの性能については、バージョンアップを繰り返すごとに進化し続けています。ハードウェアを管理する機能がより効率的になり、CPUなどが本来持っている能力を発揮しやすくなっています。

比較的新しいWindowsは、32ビット版と64ビット版という二種類が発売されています。この二種類は同じOSですが、違いがあります。32ビットと64ビットの違いは、扱えるデータの量です。

コンピューターの世界では、扱えるデータの量をビットやバイトという単位で表しています。ビットはその最小単位のことです。ビット数が多ければ多いほど大きいデータを扱えることになり、32ビット版のOSは2の32乗までのデータしか扱えないのに対し、64ビット版のOSは2の64乗までのデータを扱うことが出来るのです。

コンピューターは、何らかの動作をする際はハードディスクなどの記憶媒体に保存されているデータを一時的にメモリに保存し、CPUに渡します。そのため、メモリの容量が大きければ一度に大量のデータを処理できることになります。

ここで重要なのがOSが認識できるメモリの容量で、32ビット版のOSは2の32乗、つまり約4GBのメモリしか扱えないのに対し、64ビット版のOSは理論的には2の64乗、つまり約171億GBものメモリを扱えるのです。実際は512GBまでに制限されていますが、それでも32ビット版に比べれば膨大な容量です。

32ビットと64ビットの違いはOSが認識できるメモリの容量であり、大きいデータを扱うのであれば、64ビット版のOSを選べば快適な作業が行えるのです。

グラフィックボードの役割について

グラフィックボードは主に3D描画性能を向上させる目的として導入されるパーツであり、デスクトップ型及びノート型パソコンを中心に幅広く使われています。大抵の製品はかなりの大型構造となっているため、デスクトップ型パソコンでは接続ポートさえ空いていれば比較的容易に導入できますが、ノート型やモバイル機器などでは予め小型の専用チップという形式で内蔵されているパターンがほとんどです。

グラフィックボードの性能については様々なメーカー・販売サイトでも比較が行われており、選ぶ際の目安としてこれらの情報が有力とされます。一般的な販売価格は安いものでも数千円からとなっており、高性能なグラフィックボードは10万円を超える製品も存在しています。

導入コストが掛かるのにも関わらず、グラフィックボードはなぜ必要か?と疑問を持つ人もいますが、3D描画は非常に処理が重く、コンピューターの演算装置であるCPU単独では処理しきれない場合が多いので、描画速度の低下やエラーを起こす原因となってしまいます。

また、一部の2D描画も任せられる仕組みとなっていることから、予めグラフィックボードへ処理を分散させることにより、同時にCPUの負担を小さく抑え、熱暴走の危険性を低下させるのに役立ちます。

近年の3Dゲームは高画質化が進んでいる理由も関係し、CPUだけでは動作が不可能なソフトも増加傾向にあるため、これらで遊びたい場合には相応の性能を持ったグラフィックボードが必要不可欠です。

グラフィックボードを導入していない場合には、ゲームなどのソフトを起動しても起動すらできない可能性が想定され、パソコン全体の処理速度を補うためには重要な要素といえます。

ただし、高画質処理に適した処理効率の高いグラフィックボードは発熱と消費電力が大きめという特性を持っているので、導入する際は十分な冷却装置と電源容量の確保が求められてきます。

グラフィックボードは用途に応じて適切な性能の製品を選ぶことが大切で、3Dゲームなど負荷の大きなソフトを動かさないのに高額なグラフィックボードを導入してもコストの無駄となってしまう点に注意が必要です。

一方で負荷の大きなソフトを実行させる目的においてグラフィックボードの性能が足りない場合、画質設定を落としても快適な動作は見込めない状況があるため、グラフィックボードはなぜ必要か?という理由を理解しておき、用途に適した製品を導入するべきといえます。

追伸

  • CPUとは、処理速度で重要なものです。CPUがないと、パソコンは動作しません。CPUはパソコンの処理能力の速さです。

  • メモリーとは、多くの作業をするときに重要なものです。多ければ多いほど、たくさんの作業ができます。メモリーはパソコンの作業能力です。

  • ハードディスクとは、パソコンにデータやファイルを記憶される装置です。多ければ多いほど、パソコンにたくさんのデータやファイルを記憶させることができます。

  • SSDとは、ハードディスクと同じ役割のパソコンにデータやファイルを記憶させる装置です。SSDはハードディスクと異なり、読み込み速度が速いのです。よって、パソコン起動が断然早くなりますので、速さを求める方にはオススメです。

  • 光学ドライブとは、CD・DVD・ブルーレイディスクなどの再生・書き込みができる装置のことです。この光学ドライブがあることによって、CD・DVD・ブルーレイなどのディスクがパソコンで見たり、データやファイルの保存ができるものです。

  • OSとは、オペレーションシステムのことを言います。このOSがないとパソコンは動作しません、簡単に説明しますと、このOSはパソコンを起動するためのソフトです。

  • グラフィックボードとは、パソコンで3Dなどのゲームをするために必要なボードです。最近のハイクオリティーのゲームを快適にするために必ず必要なものです。このグラフィックボードがないと、3Dグラフィックのゲームが快適に動作しません。

レクタングル300




レクタングル300




パソコンのトラブルなら

パソコンの悩みやトラブルに困っている方はこちらもご覧下さい。

PC悩み解決.com

レスポンシブリンク




人気中古パソコンランキング

Windows10 Home MAR搭載 おまかせノートパソコン

Windows10 Home 64bit サクサク人気Corei5 Coreiシリーズ 中古ノートパソコン

Windows10 Home MAR搭載 おまかせノートパソコン Corei5搭載 メモリー4GB以上 HDD160GB以上 DVDドライブ 15.4型以上 中古ノートパソコン 

価格:28,980円(税込・送料込)

2位:富士通 LIFEBOOK U772/E

薄さわずか9mm?15.6mm! 第3世代Corei5搭載で動作快適!中古ノートパソコン

【極薄 高性能】富士通 LIFEBOOK U772/E Core i5 3427U 1.8GHz[最大2.8GHz](メモリー4GB、HDD250GB、Windows10 Home 64bit、無線LAN、WEBカメラ、14型ワイド液晶) 

価格:39,800円(税込・送料込)

3位:おまかせ中古ノートパソコン メモリー8GB搭載

送料無料 【メモリー8GB搭載】で快適!たくさんアプリケーションを使う方にオススメです!

新品マウス・KINGSOFT Officeを無料プレゼント! 中古パソコン中古ノートパソコン おまかせ中古ノートパソコン Windows10搭載、Core i5搭載、たっぷりメモリー8GB、HDD250GB、DVDマルチ、15.6型ワイド液晶、無線LAN使用可能 

価格:34,800円(税込・送料込)

-初心者コーナー

Copyright© 1~2万円台で使えて買える高性能パソコン , 2019 All Rights Reserved.